学生雑日記

ブログなのかよく分からない自称クソ日記

iPhoneケースを新調しました。

最近iPhoneのケースを気分的に変えたいなあと思っていたので、前に使っていたものに変えようとしたわけですよ。

今まで使っていたケースはこちら。
f:id:kobartas:20170801172309j:image
f:id:kobartas:20170801172326j:image

ゼロショック + バンカーリング

もう最強セットと言っても過言ではない組み合わせですね。 

そして今回は端末購入当初から使っていたクリアケースに変えてみました。f:id:kobartas:20170801172343j:image

Spigen ウルトラハイブリッド

このケースの特徴はただ単にクリアタイプということではなく、側面はTPU、背面はポリカーボネートという2つの素材が組み合わされたケースですので背面はしっかり透き通り、かつ側面のTPUで持ったときのグリップ感が増してとても良い製品です。

f:id:kobartas:20170801183258j:image

ところが、ケースを見ると明らかに黄ばんでいました。ケースを外している間に何があった…

一応装着してみることに。

f:id:kobartas:20170801172406j:imagef:id:kobartas:20170801172420j:image

こりゃひでぇ、端末自体がゴールドのせいか、ケースがもともとゴールド色だったかのように見えてしまう。

「もうええわ、この機種のケースは2個しか持ってねえし新しいの買うかあ。」

そんなわけでAmazonでじっくりと良さそうな物を探して購入することに。

数日後、届きましたよ。これです。

f:id:kobartas:20171210211839j:image 

思い切って木目調のやつにしてみました。何かと木目にハマっていた者ですので。パッケージを開けると、まさか保護フィルムまで入ってるとは思っていなかった。かなり充実した中身ですね。

f:id:kobartas:20171210212647j:image

本体を詳しく見ていこう。僕が選んだのはサントスローズウッドってやつです。

f:id:kobartas:20171210213206j:image

見れば分かる通り、完全な木ではなく背面の表面に木目シートを貼ってるって感じ。それでも触り心地は木ですのでずっと握っていたくなりますよ。

f:id:kobartas:20171210213508j:imagef:id:kobartas:20171210213512j:image

TPU素材でスイッチ類などのバリなども特に見受けられませんね。ケースが全体的に丸っこいのですが、iFace程の丸っこさではないので個人的にはめちゃくちゃ良い。握り心地も木目と相まって最高です。気になるところは、やはり背面の木目に僅かに荒れているところですね。あと水に濡れた時にどうなるのかが少し心配。

最後にiPhone SEに着けて終わりと。

f:id:kobartas:20171210214914j:image

 

 

裸で風邪を引いていたiPad 第5世代にやっとカバーを装着してあげました。

前回に紹介したiPad 第五世代。

f:id:kobartas:20171124181108j:image

しばらくは保護なしで裸の状態で使っていましたが、真冬となると室内とはいえアルミボディが寒さでキンキンに冷えているので手が凍りそう。

ということでAmazonでお手頃な物を探して購入しました。

そして本日到着。

f:id:kobartas:20171124181537j:image

とっとと開けると、

f:id:kobartas:20171124181805j:image

ほい。

やっすいやつです、1,100円でした。この商品はデザインやバリエーションが豊富で、ツートンカラーの組み合わせも個人的にカッコよかったので購入してみました。

f:id:kobartas:20171209172414j:image

バリエーションは一部移りきれていませんがこんな感じ。画像からして良さそうですよね。今回は「Dark Gray+Brown」っていうのを選びました。

いざ、装着と。

f:id:kobartas:20171124182850j:imagef:id:kobartas:20171124183118j:image

第一印象は質感が良い。ツートンカラーの触り心地が上下でそれぞれ違っていてとても面白いです。1,100円とはいえなかなかのクオリティではないか。

気になったところは低価格の合成皮革特有の変な匂いがするぐらい。まあ慣れれば大丈夫かなと。

そしてスタンドにしてみるとこんな感じ。凹があるので2段階の角度にに調節可能。

f:id:kobartas:20171210101158j:imagef:id:kobartas:20171210101222j:image

背面は片側だけ空いていて排熱を考慮しているみたいです。スバラシイ。

f:id:kobartas:20171210101523j:image

最後に商品のリンクを貼っておきますのでご参考に。

iPad 第5世代(無印iPad)を購入しました。当分端末は買いません宣言。

どうもこんにちわ。

ガジェット関連のお話です。

タブレットを購入しました。

 

それがこちら。

f:id:kobartas:20171122230544j:image

iPad 第5世代です。正式名称はただの「iPad」みたいですが。

f:id:kobartas:20171122230801j:image

裏にひっくり返せば分かる通り、カラーはシルバーでセルラータイプの物です。新品ではなくメルカリで購入した中古品ですが数回程度しか使用されていないとのことでかなりの美品です。

存在が薄すぎてもはや忘れ去られているのでは?今年の春にiPhone 7のプロダクトレッドとともにさりげなく登場したアイツですよ。

過去に記事にしたように以前はLGV31はサブ機として使っていましたが、あれは売っぱらってしまいました。理由としては、動作に少し不満があったのと外に持ち歩かなくなったので小さい必要がなくなったからです。なのでiPadに乗り換えようと、そういうわけです。

f:id:kobartas:20171122231355j:image

そして今回購入したiPad 第5世代ですが、なんといっても廉価版ならではの安価な価格に惹かれますね。新品なら税別37,800円から購入できます。最新機のiPad Pro 10.5/12.5の半分くらいの価格です。僕は前述した通りメルカリで中古品を購入しましたが、3万円ジャストで済んでしまいました。中古の相場などを見てみるとAir 2と第5世代がちょうど同じくらいの価格帯ですので最初はどちらにしようか迷いましたねえ。

ここで決め手となったのが内蔵チップですよ。Air 2が搭載するのはA8Xチップ、対して第5世代はA9チップを搭載。この時点で処理性能が高い第5世代の勝ちですね。このA9チップはiPhone 6s/SEと同じものです。この他にさらに処理性能が高いA9Xチップを搭載するPro 9.7/12.9 第1世代があり、これとも迷いましたが、ちとお値段が高いね…(諦め)

 

すでに使ってから1週間が経過しますが、サクサク動いてくれますね。同じA9チップを搭載しているiPhone SEを使っているせいか、体感速度に慣れているので使いやすいです。また、過去に使っていたiPad Airと厚みや重さが同じことも慣れていることに繋がっているのではないでしょうか。

廉価版なので当然iPad Proとの差別化がありますが、具体的にはApple Pencil非対応、スピーカーが2つのみ、非フルラミネーションディスプレイ・反射防止コーティングなどなど。

それにしても横のスイッチが消えたの辛すぎませんかね。

f:id:kobartas:20171124175344j:image

iPhoneみたいなサイレントスイッチがiPadにもありましたがAir 2から廃止されてしまいました。僕は初代Airを使っていたのでなにげに便利に感じていましたが。

ということで今後はこの2台の端末で1年以上は生きていこうかなと。

f:id:kobartas:20171124175121j:image

廉価版同士、イキれませんね… ちなみにこの写真は化石と化したiPhone 4sで撮影しました(画素数)

「学生最強セット」とでも名付けておきましょうか(笑)

そういえばこの2台を買ってもiPhone 7より安いというのが一時期話題になっていましたね。

ケースをまだ買っていないので裸で使っていますが、やはり冬となるとアルミボディが冷たすぎる… 早く買わなければ(使命感)

クロスオーバー7がついに生産終了。スバルの急成長と共に歩んだ9年間。

ついに、ついに。

f:id:kobartas:20171101224808j:image

CO7の生産終了が正式に発表されました。

前回のブログでもこのクルマについてお話はしましたが。よかったら過去記事から見てくださいね。どちらかと言えば影の薄いクルマですが、デビューから姿を変えていきつつも現在の急成長したスバルまでしっかりと役割を果たしてくれました。

スバル曰く、今後の日本市場においては3列シート車を投入する予定はないとのこと。

残念ですねえ。ええ。

とはいっても状況次第ではアセントがワンチャン海を渡ってやってくるかもしれませんよ。

f:id:kobartas:20171101224911j:imagef:id:kobartas:20171101225022p:image

北米市場専用とはいえ東京モーターショーでもしっかりと紹介していましたし。

でも大きいですからねえ。マツダCX-8を出したように次のフォレスターで3列モデルとかありかも?そういえばつい先日ビアンテも生産終了しましたね…

レヴォーグも当初は国内専用でしたがヨーロッパで左ハンドル仕様を販売していますし、ユーザーの要望が強ければ…

f:id:kobartas:20171102065907j:image

 

隠れた神クルマゲームを教えてやる。

はい、どうもお久しぶりです。

 

ということでタイトル通り、とあるクルマゲームを紹介しようと思います。昨年の冬にApple Storeでクルマゲームを漁っていたら見つけたものなので。もちろんスマホゲームですのでご安心を。

 

 それがこれだ。

 

 

「Russian Rider」

f:id:kobartas:20171027192409j:image控えめに言って神ゲーですはい。

まあこのスクショだけ見るとそこら辺の糞ゲーのように思ってしまいますが素晴らしいゲームです。アプリ名から漂うロシア感、そう、なんとロシアの実車が登場するのです。

f:id:kobartas:20171027202055j:imagef:id:kobartas:20171027202033j:imagef:id:kobartas:20171027202708j:image

ロシア車は全くの無知ですが、こんなクルマたちに乗ることができますよ。車種多彩、カラーリングも変えられるし、駆動方式によってクルマの動きも違います。

 

どんなゲームなのか気になると思うんでさっそく起動しましょうか。

f:id:kobartas:20171027194803p:imagef:id:kobartas:20171027194212p:image

起動するとロビー的なのが出てきますがとりあえずまずはSTARTを選択しましょう。

f:id:kobartas:20171027195222p:image

こんな感じで7つのゲームモードからやりたいものをやりましょう(適当)

というのもひとつひとつ説明するより自分でプレイして面白さを味わった方が絶対良いし、モード名を見たら大体の内容は分かると思うので(書くのが面倒臭いとは言ってない)

f:id:kobartas:20171027203428p:imagef:id:kobartas:20171027200606p:image

こんな感じ(超適当)

 

なんといってもこのゲームの神なポイントは、無料ゲームにありがちな体力商品あるいは燃料消費のような1日にプレイできる回数を制限するようなものが何もないこと。だから永遠に連続してプレイできます。広告画面はありますが…

神かよおい。

ほとんどが外国人(ロシア人)ですので日本時間のお昼時でもFreeride以外は人がほぼ来ません。逆に夜になると向こうの人は起きているのでたくさん来ます。

 

やってみたらわかると思うのですが、このゲームってコイツに似てるんですよね。

f:id:kobartas:20171027194037j:image

クルマ好きなら誰しもがゲームセンターで遊んだことがあるであろう「GTI Club」ですヨ。面白いですよねこれ。ホットハッチが主軸で可愛い感じがまた良くて。

f:id:kobartas:20171027194457j:image

Russian Riderロシア版GTI Clubといったところでしょうか。

 

ストアのリンク貼っときますね。

iOS

Russian Rider Online

Russian Rider Online

  • Maxim Tatarchenko
  • ゲーム
  • 無料

Android

Russian Rider Online - Google Play の Android アプリ

 

世間ではGTSportで盛り上がっていますが僕は裏でコイツで盛り上がっていますので皆さんも是非やってみてはいかがでしょうか?

 f:id:kobartas:20171027203747p:image

ウソです盛り上がっていませんただの金欠ですスイマセン嫉妬でした…

 

 

 

 

GTSportやりてぇ(小声)