読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバルタスのブログ

学生が書くクソ雑魚ブログ

Pebble Time Round しばらく使ってみた結果

 

以前購入したPebble Time Round

f:id:kobartas:20170309105741j:image

あれから1ヵ月以上経ったので感想などを述べていこうと思います。

 

その前に、まずはPebble Time Roundの購入経緯について前回の記事に詳しく載せていますのでそちらを先に見てもらうとありがたいです。

[前回の記事]

スマートウォッチを買ったお話。"Pebble Time Round" - コバルタスのブログ

 

えぇ〜まず結論から言いますと、

 

 

 

最高です!!!

 

 

では詳しく感想をお伝えしますか。

 

 

まず腕の装着感。

f:id:kobartas:20170309123010j:image

これはかなりイイ!

 

何が良いかって軽いの薄いの。

〇重さ

Apple Watch 2 : 最軽量28.2g(38mmアルミニウム)

Moto360 2nd : 62.5g(46mm)、53.6g(42mm)

Pebble Time Round : 28g

〇厚さ

Apple Watch 2 : 11.4mm

Moto360 2nd : 11.4mm

Pebble Time Round : 7.5mm

f:id:kobartas:20170309123650j:image

    ←Moto 360            Pebble Time Round→

 

僕にとってPebbleTimeRoundは初めてのスマートウォッチでかつ、AppleWatchもMoto360も試着すらしたことないので当然比較はできませんが、圧倒的軽さ・薄さが実感できてしまう。

 

 

続いて電池持ち。

その前に充電方法ですが、専用のケーブルを裏の端子にくっつけるだけ。

f:id:kobartas:20170309132501j:imagef:id:kobartas:20170309132515j:image

接続部は磁石となっているので簡単にくっつきます。

f:id:kobartas:20170309132534j:image

充電が開始されるとコーヒーを注ぐアニメーションが。

 

〇バッテリー容量

Apple Watch 2 : 273mAh(38mm)、334mAh(42mm)

Moto360 2nd : 300mAh(42mm)、400mAh(46mm)

Pebble Time Round : 56mAh

 

そう、たったの56mAhしかないのです。が、この容量で2日間は持つと謳われているのです。使っていて電池消費が激しいと感じることはないですね。

その理由はディスプレイにあり、Pebbleのスマートウォッチは電子ペーパーディスプレイを搭載しているので非常に省電力。よってこの駆動時間を実現させます。因みに他のPebbleWatchは1週間は余裕で使えますよ。TimeRoundの場合、本体の薄さとの兼ね合いもあると思うので仕方ないと思いますが。

 

 

また電子ペーパーディスプレイですが、常時点灯状態だと少し暗くて見にくい。バックライトをつけたら全然問題ありませんが。

f:id:kobartas:20170309130930j:image

↑常時点灯状態

f:id:kobartas:20170309130943j:image

↑バックライト点灯

 

バックライトは手首を動かすことによって中のモーションセンサーが反応し、点灯することができますが反応が鈍い。かなり強く動かさないとバックライトが点灯しません。

 

 

続いて機能面について。

 

基本的にはスマートフォンと同じで何でもできます。

f:id:kobartas:20170309120948p:image

アプリはPebbleのアプリからインストール

 

端末自体は日本語化ができてもPebbleアプリ側では英語表記なので戸惑いますが、慣れれば問題ないです。アプリ数ではもちろんAppleWatchやAndroidWear勢に負けてしまいますが、中々良いものが揃っていると思うので不満はないです。

 

例えば、

Twitter「アプリ名 Twibble」

f:id:kobartas:20170309115323j:image

TL, 自分のツイート, 通知, DMも確認可能

f:id:kobartas:20170309115417j:image

RTやいいねは多分できない。

 

地図「アプリ名 Maptastic」

f:id:kobartas:20170309115112j:image

開いたら現在地が表示され、そこから拡大縮小、東西南北移動可能。自転車で移動中の時は便利そう。

 

ゲーム「アプリ名 Tiny Bird」

f:id:kobartas:20170309120533j:image

数年前話題になったフラッピーバードとゲーム内容は同じ。上ボタン操作のみのシンプルなゲーム。

f:id:kobartas:20170309121319j:image

 

などなどこんな感じのものがたくさん!

 

重要なのは、このクッソ小さい画面上でスマホと同じことをするのか?ということ。

僕がよく使うアプリは下の2つぐらい。

 

〇Swarm by Foursquare

f:id:kobartas:20170309110925j:image

Swarmのチェックインだけができるアプリです。開くとすぐにチェックイン可能なスポットが表示されます。

 

〇ミュージック

 f:id:kobartas:20170309121949j:image

Pebbleにデフォルトでインストールされている純正アプリ。曲の再生・スキップや音量の調整が可能。

 

実際これらのアプリを毎日使っているのかと言われると嘘になりますが。スマホを取り出せる状況がない場合はスマートウォッチで。取り出せる場合は全部スマホでという使い方です。

 

スマートウォッチといえば、時計の盤面が気軽に変えられるのが最大の強みですよね。

 f:id:kobartas:20170309112201j:image

マリオのウォッチフェイス

 

 f:id:kobartas:20170309122540p:imagef:id:kobartas:20170309122554p:image f:id:kobartas:20170309122614p:image

ウォッチフェイスは多種多様でアナログからデジタルなものや、もはや数字以外で時刻を表示するものまでも。

f:id:kobartas:20170309125240j:image

僕が使っているウォッチフェイスはこちら

 f:id:kobartas:20170309131709j:image

選択したウォッチフェイスでも各針の色、数字の色、背景の色などさらに細かく自分好みに設定できます。

f:id:kobartas:20170309131923p:imagef:id:kobartas:20170309131925p:image

 

 

最後に残念だと思ったところを。

 

〇ベゼルが広すぎる

f:id:kobartas:20170309133428p:image

↑Pebble Time Round

f:id:kobartas:20170309133448p:image

↑Moto360 2nd

f:id:kobartas:20170309133448j:image

↑Huawei Watch

 

せっかくの丸型なのに盤面を最大限に活かせていないです。もう少しディスプレイを大きくしてほしかった。

 

〇防水性能が甘い

Pebble Time RoundはIPX7。耐水程度の性能ですが、防水になったらもっと良かったなあ。別に泳ぐわけでもないのですが。

f:id:kobartas:20170309135033j:image

f:id:kobartas:20170309135047j:image

因みに他のPebble Watchは30m防水などに対応しているのでプールとかでも使えますよ。やはり薄さが影響しているのでしょうね。

 

 

とまあ残念なところもありつつも、本当に良いスマートウォッチだと思います。iOS&Androidに両対応ですし、特にiPhoneユーザーの方は高いAppleWatchなんかよりも僕はおすすめします。Fitbitに買収されてしまったので今ではかなり安価に入手できますよ!

f:id:kobartas:20170309132756j:image

もちろんTime Roundだけでなく、他のPebble Watchシリーズも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

f:id:kobartas:20170419213641j:image

 

スマートウォッチは通知機能がメインだと言われていましたが、実際使ってみて本当にその通りだと改めて感じましたね。スマホが取り出せない、あるいは使えない状況ではすごく便利に感じると思います。

 

あくまでもスマートウォッチですので必ず必要になるかは人それぞれ次第ですね。

 

買って損はないでしょう!

f:id:kobartas:20170309133941j:image

 

 

TV用のスマホを買った。

 

前々から大型端末欲しいなぁと物欲が芽生えていた頃…

そのときは購入するほどまで欲しいという気持ちはありませんでしたが。

 

ところが最近テレビをやたらと見るようになり、別の場所でもテレビ見たいなぁとか。

 

そうだ、Android端末ならワンセグ対応のスマホがあるじゃないか。

一気に購入意欲が増しましたねw

 

そして今日の夕方、宅急便が来ました。

 

f:id:kobartas:20170309161358j:image

isai VL LGV31です。

 

ヤフオクで10kで購入しました。そこそこ状態の良いものが買えたと思います。

 

f:id:kobartas:20170309161636j:image

カラーはピンクゴールド

 

f:id:kobartas:20170309163045j:image 

f:id:kobartas:20170309163234j:image

 

初期設定をささっと済ませて、

 

f:id:kobartas:20170309171219j:image

完了

 

スペックだけ載せておきます。

 

〇サイズ : 76 × 145 × 10.5 mm

〇重さ : 154g

〇ディスプレイ : 5.5インチ WQHD

〇CPU : Snapdragon 801 クアッドコア(2.5GHz)

〇メモリ

・RAM : 3GB

・ROM : 32GB(MicroSD 128GBまで対応)

〇バッテリー : 3000mAh

〇カメラ 

・アウト : 1320万画素

・イン : 130万画素

〇防水防塵

・防水 : IPX5/7

・防塵 : IP6X

〇カラーバリエーション

・ブラック

・アクア

・ピンクゴールド

 

最初はこの2機種のどっちにしようかと考えていました。

f:id:kobartas:20170309174000j:imagef:id:kobartas:20170309174002j:image

あくまでも動画視聴機として使うのでスペックはこれくらいあれば十分でしょう。

どちらもCPUやRAMなど性能はほぼ同じですが、LGV31の方が0.3インチディスプレイが大きくてWQHDだったので今回こちらを選びました。

 

Androidバージョンは4.4.2でした。5.0に上げるか迷うなぁ…
f:id:kobartas:20170309173354j:image

 

さっそく映像を

f:id:kobartas:20170309175424j:image

YouTubeで先日のジュネーブモーターショーを。

 

f:id:kobartas:20170309175520j:image 

屋内だと当然ワンセグになってしまいますが、ディスプレイが大きいのでまあ許容範囲かなと。

 

 

動作に特に不満もなく非常に満足です。

 

まだケースとかも買っていないのでこれから買おうと思います。

 

クロスオーバー7の見捨てられた感。

 

今回はこのクルマ。

 

エクシーガ クロスオーバー7

f:id:kobartas:20170304110533j:image

 

このクルマ…見捨てられてねぇかおい…

そんなお話です。

 

さてCO7ですが、2015年に生産終了したエクシーガをベースにSUVテイストに仕立てたモデルです。

f:id:kobartas:20170304111357j:image

 

見てもらえれば分かる通り、エクシーガの外観を変えただけであって中身ははっきり言って何も変わってないです。2015年に生産終了して誰もがFMCを確信したのに。

f:id:kobartas:20170304121212j:image

某自動車予想雑誌の予想図

f:id:kobartas:20170304121301j:image

東京モーターショーで公開した「クロスオーバー7 コンセプト」

遊び半分で作ったのかと思っていましたがまさか市販化するとは。

 

因みに家車もエクシーガ(B型)でした。

f:id:kobartas:20170304122418j:image

 

エクシーガとして広い目で見ると、2008年デビューから今年でまもなく9年目。

f:id:kobartas:20170304112247j:image

 

現在、CO7は1月22日に生産終了の状態。とうとう無くなるのかと思いきや、また改良されてJ型になるとのことww

 

変更点としては、

〇グレードの変更

特別仕様車のActive Styleが廃止され、代わりにX-BREAKが登場。ベースグレードの2.5i EyeSightと特別仕様車のModern Style、X-BREAKの3グレードに展開に。

f:id:kobartas:20170304114048j:image

f:id:kobartas:20170304114057j:image

Active Styleは昨年の10月に登場したばかりなのに約3ヵ月でお亡くなりにw

今回登場するX-BREAKですが、Active Styleの装備の色を変えただけです。ホイールもXVのを使いまわしているだけだし、何も新しいことではない。

 

〇ボディーカラーの変更

ダークブルーとプラチナムグレーの2色がクォーツブルーとヴェネチアンレッドに入れ替わります。

よく「クォーツブルーって新型インプレッサの色じゃん!」、「赤系の色キター!!」みたいなことをよくTwitterで見かけましたが、僕にとっては何の目新しさもない。

だって旧エクシーガにあったからね。

f:id:kobartas:20170304115734j:imagef:id:kobartas:20170304115741j:image

エクシーガ最終型に特別仕様車「エアブレイク」が設定され、クォーツブルーは専用色として登場。

ヴェネチアンレッドはD型あたりで登場したはず。

 

何回も同じことを言うけど何も新しくない、新鮮味がない。今まであったものを使い回しているだけでしかない。

結局何が言いたいのか

新しいことをしてくれぇ!!!

 

例えば、エンジンラインナップの追加、アイサイトをVer.3にする、とかね。

外観ばっかりちまちま弄ったりしてなんか面白くないのです。苦肉の策というか…

一番はこの古臭い内装をどうにかしてくれ。

f:id:kobartas:20170304124321j:image

エクシーガ初期の内装と比べると

f:id:kobartas:20170304125819j:image

華やかになったとはいえ、8年経過してもこのクオリティ…

 

 

 

色々とdisってしまいしたが、それだけこのクルマに対する思いがあるのですよ。

そこそこ売れてるからそこまで手を加える必要がないってことは予想できますが、スバル好きからしたらお願いしますよ〜って感じです。

まぁ来年までにそっと姿を消すでしょうね(泣)

 

 

文房具オタクに再びなりそう。「ステッドラー アバンギャルド」

突然、親戚から宅急便が家に来た。それも自分宛てに。まぁ要するに頼んでもいない誕生日プレゼント的なやつです。

 

一体何なのかと思いながら開けると、こんなものが届きました。

 

f:id:kobartas:20170301204002j:image

ちょっと待って!?

アバンギャルドじゃないか!!!

それも2本も!!!

 

 

アバンギャルドとはステッドラーが出している多機能ペンのことです。振り子式の構造を採用しているのが注目ポイントです。

 

なんでそんなに詳しいかって?

 

元々文房具オタクだったから…

 

三年ぐらい前から友達と文房具を集めることにハマり、気がつけば高額な物にまで手をつけたり。ところが、昨年ぐらいから全く興味がなくなり本当に何も買わなくなりました。趣味って怖いですねぇ…

 

興味がなくなったとはいえ、アバンギャルドの名前を見た瞬間の興奮はとてつもなかったです。まるで文房具オタクに復活したかのように。なんせ当時ものすごく欲しかったペンでしたので。結局買いませんでしたけどね。

 

開けていきましょうか。

 

箱を開けたらケースが

f:id:kobartas:20170302134312j:image

 

このケースを開けると

f:id:kobartas:20170301210701j:image

出ました… カッコよすぎる…

 

色はクールシルバーとチタニウムグレイです。

カラーバリエーションは全7色。 

f:id:kobartas:20170301211328j:image

廉価版のアバンギャルドライトもあります。

f:id:kobartas:20170301211410j:image

こちらは全10色。

 

こちらが本体。

f:id:kobartas:20170302134437j:image

 

 

僕がいつも使っているハイテックCコレト1000と比べてみました。 f:id:kobartas:20170302134848j:image

 第一印象

かなり細い。

f:id:kobartas:20170302135223j:image

 多機能ペンながらもスリムボディであるハイテックCコレトをさらに上回る細さ。

f:id:kobartas:20170302142143j:image

グリップ部は本体がふっくらとなり一回り大きくなっています。

 

 

先ほど振り子式が注目ポイントと言いましたが、振り子式とはどういうものなのか紹介しましょう。

 

ノック部を見てもらえれば分かる通り、1色しか出ないように見えてしまいます。

f:id:kobartas:20170302135426j:image

ところが振り子式というのは出したいペンの表示を上に向けてノックすれば、その色が出るのです。

例えば、

赤を出したいときには赤の表示を上に向けます。

f:id:kobartas:20170302140138j:image

そうすると赤が

f:id:kobartas:20170302140250j:image

シャープを出したいときにはシャープの表示を上に

f:id:kobartas:20170302140557j:image

そうするとシャープペンが

f:id:kobartas:20170302140722j:image

 

慣れれば素早く色を出せるのでノートをとるなどの効率が上がります。

 

書き心地は素晴らしいです。グリップの太さも良い。

ただ、インクが良くなくて普通のボールペンって感じ。インクはやっぱりハイテックCコレトが一番です。

4C規格ですのでインクはジェットストリームハイテックCコレトのものに変えることができます。

 

 

2本も送ってきてくれたので勉強頑張りますわ。まぁでも使うのがもったないないのでコレクションとして保管しておきますけどねwww

 

スマートウォッチを買ったお話。"Pebble Time Round"

 

スマートウォッチ⌚

f:id:kobartas:20170211191857p:image

僕自身あまり興味を示さなかったカテゴリー

 

ところが、去年ぐらいからなぜか購入意欲が湧いてきてしまったのです。通知とかこれで見たら便利だなぁとか、ドヤりたいなぁとか、そんなことばかり考える日々。

そしてとうとう買おうと決心をしたのであります…

どれにしよう🤔

今回はいつも使っているiPhone SEとペアリングして使っていきたい。

 

そうとなると真っ先に思い浮かぶのがApple Watchだ。

f:id:kobartas:20170211191917p:image

 

 ただいろいろと条件がありまして…

 

 

 

ここで、僕の好みを踏まえて端末の条件をまとめてみました。

1. 丸型ディスプレイ

やっぱり腕時計は丸いものが良いです。こればっかりは人の好みによるので。

2. iOSに対応

前述したとおりiPhoneとペアリングして使いたいから。

3. 25,000円以下

そんなにお金出せないです。だって学生だもの(迫真

別に中古品でも構わないので✋

 

 

ということで残念ながらApple Watchは除外することにしました。

 

 この条件のもと、色々と候補をあげたり調べたりして悩んだ結果…

 

 

 

 

 

 

 

 

Pebble Time Round f:id:kobartas:20170203234131j:imageKickstarterから登場しているPebble Watchです。

 

f:id:kobartas:20170222203616j:image

Pebbleはこれまでにたくさんのスマートウォッチを出してきましたが、「Pebble Time Round」はシリーズ唯一の丸型ディスプレイを搭載したスマートウォッチです。2015年9月に発表されました。

 

スペックをさらっとご紹介しておきます。

 

〇サイズ

・本体 : 38.5mm × 38.5mm × 7.5mm

・バンド : 14mm or 20mm

〇重さ : 28g

〇ディスプレイ 

・サイズ : 1インチ カラーEペーパー

・解像度 : 254ppi

〇CPU : Cortex M4 シングルコア(100MHz)

〇バッテリー : 56mAh

〇防水 : IPX7

〇対応環境

iOS : 8以降

Android : 4.3以降

 

もともとはMoto360などのAndroid Wear OS搭載端末を候補にあげていましたが、如何せんiOSには完全に対応しているわけではないですし…

もちろん通知とかで十分な人は別に心配しなくていい話ですが。僕的にはウォッチフェイスやアプリの追加ができないことが残念だったので他の端末を検討してみたところ、こちらに落ち着きました。

 

Pebble Time RoundはPebble OSを搭載。AndroidにもiOSにも完全対応f:id:kobartas:20170129204715j:image

これは素晴らしい👏

注意すべき点

〇タッチパネルではない

Pebbleは本体の側面左右にある4つのボタンで全ての操作を行います。だからタップやスワイプといったことはできません。ここで賛否両論分かれてしまうでしょう。

〇日本向けではない

そもそも言語設定に日本語がないのです。外国語設定のまま日本語の通知を受け取ると「□□□」と表示されるみたいです。技適はあるのにこれは困ります。

しかし、一応日本語にすることは可能で海外の人が配布している日本語パックをダウンロードすれば一部で日本語が表示されるようになります。

Pebbleは消滅

2016年12月7日、PebbleはFitbitに買収されることが発表されたのです。独立して事業を行うことが不可能となり、幕を閉じることに。つい最近の出来事です…

Pebbleはなくなってしまうが、スマートウォッチとしては今後もサポートなしでも単体で使えていけるようなアップデートをリリースする予定だと。まぁこれはこれで安心かな。

ついにGET!!!

買っちゃいました( ^ω^ )

f:id:kobartas:20170223163011j:image

20mmのブラックです。

 

因みに本体のカラーはブラック、シルバー、ローズゴールドの3色。バンドは14mmと20mmの2サイズ。もちろんバンドは交換可能。

14mmは3タイプ

f:id:kobartas:20170227152936p:image

20mmは2タイプ

f:id:kobartas:20170227153048p:image 

同じカラーでもバリエーションによって盤面のデザインが違うので注意が必要。

限定3000台で発表されたモデルも。

f:id:kobartas:20170203235344p:image

こちらは本体に鏡面仕上げ加工が施されています。カラーはシルバーとゴールドの2色。まぁ入手困難でしょうね(汗)正直これのシルバーが欲しかった…

 

商品はヤフオクで新品を14kで購入できました。思っていたより安く手に入れられました。買収などの影響もあるからかも。Amazonでも販売されているので普通に入手は可能です。

開封の儀 

では開封していきましょう。

 

開けると仕切りで分けられていて、一番底にステッカーと説明書が。

f:id:kobartas:20170223164811j:image

 赤い箱に本体、裏に充電ケーブルがありました。

 

充電ケーブル

f:id:kobartas:20170223165449j:image

 

そして本体

f:id:kobartas:20170223165559j:image

背面はこんな感じ

f:id:kobartas:20170223165737j:image

 

 

では電源を入れてみますか。

 

起動すると、アプリを入れろという表記が出てきました。

f:id:kobartas:20170223170411j:image  

iPhoneにPebbleのアプリをインストール

Pebble™

Pebble™

  • Pebble Technology Corp.
  • ライフスタイル
  • 無料

 

Pebbleアカウントを登録して次へ。

f:id:kobartas:20170226140325p:image

英語で少し戸惑いますが、初期設定はスムーズに

f:id:kobartas:20170223172751j:image

 

ペアリングも設定も完了しました。

本語化をする

次に日本語化をしていきます。

Pebble CJK: 日本語言語パック

こちらからダウンロードページを開くと「Pebbleで開く」と表示されますので指示に従います。

そしたらダウンロードされますのでしばらく待つと、

f:id:kobartas:20170223175400j:image

あっという間に日本語に。

 

 

これで完璧に使えるようになりました。

 

 

 

使用感などはしばらく使ってから、次回また書いていこうと思います。

 

ではまたヾ(・ω・`)